四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

少年の凶悪事件が多すぎ 少年法の改正は必要

川崎の中学生の殺人事件は酷い。こんな事件が起こるたびに

周囲の大人はなんて無力なのだろうかと思います。

 

逮捕された少年たちは否認をしている。

関与しているとしたら、よっぽどの悪人か、誰かが知恵をつけている。

こんな奴らは、残念ながら更生するのは困難なのかもしれません。

少年法は凶悪事件に対しては適用しないようにするか、

少年法の適用年齢をもっと下げるしかありません。

 

大人の社会人の世界でも、各種のハラスメントがありますし

つきつめると過労死や自殺、鬱などプレッシャーだらけです。

ましてや未熟な少年層であれば、

短絡的で残酷なことも起こりうる存在でもあります。

 

周囲の大人の助けが必要なのですが、シグナルが発信されていても、

大人も余裕ないから気づかないし、気づいていても危機感なし。

結局は、周囲は気づいていても、大事になるまで何もできないし

その結果、誰も助けてやることができません。

実は悲しいかな、相談されることを逃げている大人って結構多いです。

 

大人の世界は、薄情なものなのですが

それでも助けてもらったりすることは時にありますよ。

大体は利害関係のつきあいと、薄っぺらい付き合いばかりですが

ホントに落ちているときに側にいてくれる人は、有難いですよ。

いい時と悪い時、ホントの味方がはっきりわかります。

 

とにかく 世間では考えられない残酷な事件が多すぎます。

少年法はこれ以上凶悪事件が多発しないよう改正するしかない。