四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

高校野球の体罰と国会議員の団扇

 先日、今治西の監督が四国大会準決勝の試合中に選手に平手で暴行なんて ニュースがありました。
準決勝
__西 (愛媛1位) 000 040 010=5 (今西)杉内
明 徳 義 塾 (高知1位) 120 100 000=4 (明徳)国光、中野

 

ネット上では賛否の否が大部分を占めますが、 選抜出場が、かかる試合で闘魂注入、気合を入れるという点では、 この接戦の試合では、熱くなって当然。 この程度でのことで騒ぎすぎ。 選手・指導者がともに納得しているのであれば、 まわりがとやかく騒ぎたてる必要なし。個人的にには、そう思います。 ただ、選抜は選考ですから どう判断されるかは わかりません。

私としては今治西には、四国地区大会の準優勝校としてセンバツには 成績通りに出場してほしいものです。

それはそうと、最近のメディアに代表される 世間、世論は しょぼいことでも目くじら立てて凄いです。 予算委員会では、配った団扇がどうのこうのと、なんちゃらっていう 議員さんの法に接触するとか 野党の追及がしつこいです。 そんなことを議論する時間があったら、もっと大切なことあるでしょ。 国会で議論することとしては、ショボすぎです。どうでもいい。 法令順守は、ものすごく大切なことですが、 それに身動き縛られて、何もできなく本質を見失うなんてことになれば どうしよもないね。何もしないことが一番ってことになります。

それでも2014年現在、こんな世の中で暮らしています。ではまたです。