四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

歴史の大転換 ? 賛成です、集団的自衛権の容認

政府は1日の臨時閣議で、従来の憲法解釈を変更し、

自国が攻撃を受けていなくても他国への攻撃を実力で

阻止する集団的自衛権の行使を容認すると決定した

(共同通信社 記事 より)

集団的自衛権とは

 

街のインタビューなんかを見ると、戦争にまっしぐら

なんて声もあります。ならば、日本の目指すところっていうのは、

スイスのような永世中立国? スイスは自国を守る為に 、

専守防衛の立派な軍隊がありますよ。徴兵制だってあります。

軍事力じゃなくて、話し合いで解決すれば ? なんて声も、

そんなに簡単に、混沌とした世界が解決するわけないし。

 

集団的自衛権=戦争というのは あまりに短絡的。

9条の遵守で、日本の平和が維持できたなんて

本気で思っているのかな ? 米国の核のカサの中、

戦後70年 日本だけ温室で育てられたようなもの。

そんなんだから、温室育ちの脆弱な国は

隣国になめられっぱなしになるのですよ。

 

世界の平和は、悲しいかな軍事力を筆頭とした、

パワーバランスで成り立っていること、憲法9条だけ

残って、日米安保がなくなれば、日本は3日で中国か

ロシアになっちゃうでしょう。

私は、そうなるのは嫌なので、今回の決議は賛成派なのです。

 

自分だけが温室で、友人が外で血を流しているのを

黙ってみているっていうのは、あまりにも身勝手で無責任。

戦争なんて、好きな奴は誰一人として いやしない。

戦争しない為、攻撃されない為にどうするか考えるべき。

 

平和や秩序を維持する為には、武器を持たないことじゃなくて、

武装することでしか残念ながら防衛はできない。

江戸時代と違って鎖国もできない以上、

国際社会とは、同調していかなければなりません。

日本だけが、甘やかされた温室に 

いつまでもいられる訳ないでしょ。いい加減に目を覚ませよ。

武力を否定する、平和主義者は 自分の家族や友人が

蹂躙されても、黙っているの ?  

世界の歴史上、そんな自立していない

民族や国家が成り立ったことはないです。少なくとも、

国際社会からリスペクトされることは無い。

 

ただ思いは誰しもただひとつ、私を含めた賛成派の人々だって、

戦いなんかしたくはないですよ。

では今回は久々の時事ネタでした。 ではまたです。