四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

この日ばかりは早起きで ~水曜日の 日本×コロンビア

日曜日だったのでネットで今回のワールドカップ

結果について検索してみました。

現在の1敗1分 勝点1に対しての

失望と批判と激励と、専門家から素人まで様々。 

【グループC】

コロンビア:8位

ギリシャ:12位

コートジボワール:23位

日本:46位

上は、直近のFIFAランキング、順位からみれば、

現在の結果、順位っていうのは、むしろ順当。

テレビでガチンコの欧州や南米チームのゲームを

見ると、素人目にも先ずはスピードに違いがあります。

パワーも歴然です。

私などは、ほぼこの時期しかサッカーは見ないので、大会前

日本のメディア、マスコミがいかに誇張して報道しているか

分かります。世界との差は、まだまだ大きいです。

とはいっても、世界のお祭り ワールドカップ

前述のことは理解していても、格上のコロンビアを撃破して、

トーナメント進出を期待したいところです。

ここからは、素人の戯言ですが、ではどうするか ?

専門家から熱心なサポーター、この時期しかみないドシロウトまで

100万通りの意見がありますが。

過去にコロンビアとは二度対戦し、結果は1分け1敗。

さらに、日本は ワールドカップ

南米勢から白星を挙げたことがありません。

そのような中から、勝点3が生き残る為の最低条件。

一試合90分間に全てを凝縮しなければならない試合。

引分は不要ですし、大差の敗戦も結果同じなので

守りについては、 これまで通り、

2試合で失点1ですから、大幅な変更はないはず。

要は、攻撃だけですから、ゲームプランはシンプルです。

短いパスで繋ぐサッカーは、4年間の集大成ですので、

このまま貫き通してほしいです。ただし失うものがないだけに、

リスクはどんどん背負って、

攻める気持ちは、失わないでほしいもの。

試合後に後悔は残したくないので、切れるカード、策は

90分間でバンバン使ってほしいです。 

ランキング上位ではありますが、消化試合のコロンビアには、

ノーガードで打ち合ってこそ 相手が怯み 活路が見出せます。

これでも点数が入らなかったら、仕方ないです。次大会からの

ワールドカップ自体の日本代表のゲームプランを

今後は考え直さなければならないでしょう。

日本×コロンビア2014年6月25日(水) 4時40分~7時20分

さて、当日の放送予定は上記の日時で、テレビ朝日系列

解説は、セルジオ越後松木安太郎中山雅史名波浩

セルジオさんの辛口のコメントと松木さんのイケイケの解説

ゲストは、中田英寿  豪華メンバーです。

試合終了は、職場の始業時間前、結果はその日の

日本経済の士気、さらには株価にも影響するでしょう。

日本は、ムカシから時折 奇跡を起こして世界を驚かせます。

水曜日の朝は、今大会のそんな一日のスタートに

してほしいものです。  では またです。