四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

殺伐とした犯罪が多いです

23日午後2時15分ごろ、

名古屋市中村区名駅

JR名古屋駅近くの歩道に乗用車が突っ込み、

歩行者12人を次々にはねた。愛知県警は殺人未遂容疑で、

車を運転していた自称名古屋市在住の30代の男を現行犯逮捕した。

県警中村署によると、男は「車で人を殺そうと思った」

という趣旨の供述をしているという。(時事通信)

 

最近というか、

もう随分前から殺伐とした犯罪が多くなりました。

ストーカーの犯罪も、一層 残虐な事件が多いです。

治安が安定しているはずの日本は、

もはや遠い過去のものなのでしょうか ?

 

背景には、いったい何があるのでしょうかね。

格差と不条理ばかりの社会、不安定な日常、見えない未来、

誰もが加害者になり、被害者になることが不思議じゃない時代。

平凡な日常ですが、どんな明日が待っているか分かりません。

 

特に気になるのは、男性の負のエネルギーの暴走、

やり場のない怒りと悲しみが、罪のない人、

社会に向けて、ある日突然爆発してしまいます。

しかし、じゃあ どうすればいいかなんて、わかりゃあしません。

誰もが生きていく中で、自分を誤魔化しながらも、耐えて

我慢を強いられながら、暮らしています。多くの人がそう。

 

結局は、すべての結果は受け入れるしかないし、壁は自分で

乗り越えるか、さもなければ壁から逃げるしかありません。

多くの人がフラフラになっておりますが、泣いても笑っても、

転んでも立ち上がっても、この時代を生き続けるしかないですね。

 

そして、暴走しそうな負のエネルギーは、

時間をかけて消し去るよりありません。

何十年にもわたる、怒り、恨み、悲しみってそんなにないでしょう?

生きていれば、たまには何か良いこともありますよ、

豊かじゃなく、才能もなく、さらに輝かしい未来もない私ら凡人は

そう思って歩き続けるしかないのです。生きることで、

時に誰かの為になったりしたら それで良しとしましょう。

 

では またです。