四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

帰省で思いつく唄といえば 、やっぱり「ホームにて」です

さて、例年 年末年始の行事として、実家への帰省があります。 しかしまあ さすがに四国香川から北東北秋田までは、 遠いし、費用もかかります。今年の夏の帰省は、マイルもたまった ことから、空路を選択しましたが、半年ではマイルも帰省分 までは 届かず、オール新幹線のJRです。 まあ、それでも朝出て、その日の夜には到着しますので、 瀬戸大橋と新幹線には感謝ですね。 東京までは帰省のUターンとは逆ルートなので 指定席は楽勝で確保できますが、東京からが大変です。 それでも、なんとか席は確保しました。 しかし西日本在住者にとっては、 この長時間だけはなんともなりません。 東京までは、あっという間という感じですが、 正直、仙台あたりで、車窓にも時間にも飽きてきてしまいます。 上京したての1980年代前半のころを思うと、急行津軽での 上野~能代間は、約12時間、しかも普通車両はボックスシート、 終盤は、お尻や背中が痛くて、きつかったな~。 確か黒磯駅での、車両交換の時間が長かったと記憶しております。 このころを思うと、車中は随分快適にはなりました。今回は帰省にまつわる 唄を思い出してみました。 やっぱり思いつくのは「ホームにて」 特に、都会で一人暮らしの時分には、しみましたね~。 現在は、地方から地方への移動ですけど。ではまたです。 1977年中島みゆき 望郷の歌「ホームにて」LPで聞く https://www.youtube.com/watch?v=XRqE1ZXHSW8