四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

22年ぶりに池田高校が甲子園に帰ってきます

▼準決勝

明 徳 義 塾 (高知1位) 000 000 000=0

今 治 西 (愛媛2位) 000 400 00X=4

池 田 (徳島3位) 202 010 220=9

生 光 学 園 (徳島1位) 010 000 020=3

松山市坊ちゃんスタジアムで開催の

本日の秋の四国大会は、

準決勝 今治西と池田高校が、ほぼ選抜確定!

池田高校は1992年の夏以来といいますから、

22年ぶりに甲子園に帰ってきます。

▼準々決勝

池 田(徳島3位)100 000 001 01=3

西 条(愛媛1位)010 000 001 00=2

=延長11回=

▼1回戦

高 知 東 工 (高知2位) 100 000 001=2

池 田 (徳島3位) 320 100 10X=7

こうして見ると延長での西条高校との試合、緊迫した

接戦での勝ちが大きいです。ちなみに今大会は、

安楽投手の済美高校は出ておりません。

四国大会出場時は、21世紀枠もどうかな?なんて思いましたが、

考えてみれば、80年代に甲子園を制して、

席巻した名門チームに、特別枠など失礼なハナシです。

本日の試合など、圧勝で堂々とした勝ちっぷりを

テレビで拝見いたしました。

さて、池田高校のある池田町は、市町村合併で、

現在は徳島県三好市です。

近くには大歩危小歩危の秘境もあったりと、

周囲は山々に囲まれております。けっこう最近 池田を

はじめとする三好市に行く機会が多いのですが、秋田県でいえば

上小阿仁村阿仁町などとよく似ている自然環境です。

不思議なのは、東北で同じような環境の中から出場する

甲子園の大舞台だと、緊張でガチガチになるのですが、

80年代の池田高校は、ノビノビ野球で、豪打炸裂 !

そして、強豪チームがある地方の方々にとっては

全国どこでもそうであるように、

この町の人々には池田高校の野球は

いつまでも町の誇りでもあると感じます。

やまびこ打線で高校野球に革命を興し、

春夏で全国優勝3回、準優勝2回!

再び強い池田高校が 甲子園に帰ってきます。

春の甲子園での活躍を期待しております。 ではまたです。