四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

あまちゃんブームなので 80年代アイドルの唄を2曲

巷では、朝の連ドラ「あまちゃん」がブームということで、

ほとんど、この手は見ないのですが、 話題になっているので、

数回見てみました。80年代が物語の

ベースになっており、けっこう面白いです。

小泉今日子が母親役かあ~、

あの頃から30年経っているわけです。いまにして振り返ると、

70年代で明治維新~戦後からの

日本の近代化がほぼ完成。80年代からは

成熟期で、現在は残念ながら、

衰退期というのは否定できないでしょう。

一方で、私のこの頃はというと

80年受験浪人期、81年~84年大学生、

85年~社会人~現在という具合で、イケてることもなく、

さえない毎日を送っていました。 ブログでも数多く綴っている

高校野球夏の甲子園優勝校は、

80年 横浜、81年 報徳学園、 82年 池田、

83年PL学園 84年 取手二 85年 PL学園

高校野球は、大型チームの黄金期でした。

さて、前説が長くなりましたが、「あまちゃん」から80年代の

アイドル歌謡について、本日は綴っていきましょう。

先ずは、80年デビュー組といえば、

松田聖子河合奈保子柏原芳恵が代表的でして、

この中からの一曲としては、

1983年の楽曲 松田聖子ちゃんの 秘密の花園 ←クリック

松田聖子といえば、代表曲は、赤いスイトピーとか数多くありますが、

やはりこの曲が最強でしょう。 

詞・曲・アレンジ・ボーカル・衣しょう・ルックス 

全てに10点満点 !

テビュー当時の野暮ったさから脱却し、

アイドル時ピークの一曲 と思っております。

次のデビューの山といえば1982年になります。 この年は、

小泉今日子中森明菜早見優石川秀美堀ちえみ松本伊代

大豊作の年、

さてその中から、「あまちゃん」の 小泉今日子

デビューから2曲目の素敵なラブリーボーイ←クリック

作詞:千家和也/作曲:穂口雄右林寛子さんのカバー曲

唇も ♪ ~ 黒髪も ♪~ あなたになら~まかせ~られる ♪

この歌詞が、いけてない男子のハートを鷲づかみ !

こんなありえない世界は、もはや妄想か空想です。

ところで、80年代は10年ほど続くのですが、

85年からは社会人となりますので、

環境が一変します。それゆえにアイドルといえば、

80年代前半に限定される次第です。

1980年代のアイドル歌謡をみると、

積極的な可愛い女子が優柔不断な

男子にグイグイいっているという、そんな歌詞が多いな~。

さえない・いけてない 男子も、十分に妄想できる・・・ 

そんな世界がいいです。

この頃のアニメも、

そういえばこんな背景が多いです。な~んにもしなくとも、

勝手にかわいい女の子がやってくるという、

イケメン以外では、 ありえない世界 ! 

現実にそんなことが あるならば、

詐欺か、悪徳商法の勧誘か、 考えられることは

男の場合、老いも、若きも、こんなところですか ?

それにしても、個人的には、若いというだけで、

全くさえておりませんが、80年代 良い時代ですな~  

では今回は、このへんで。 ではまたです。