四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

10代の頃のちよっと刺激的な唄で~70年代アイドル編

さてと、8月も、最終週でして、次週より9月のスタート、 8月の終わりとともに、中高生諸君の夏休みも終わります。 社会人となると長期の夏休みなどなく、 昨今の状況は、むしろ仕事にありつける分、幸いだったりします。 私が、中高生として、夏休みを謳歌していた70年代、 特に、これといった衝撃的なこともなく、日々宇治金時アイスを 食べていたくらいの毎日でした。 たまにの夏の娯楽も、 せいぜい海か、キャンプか、しかも男子のみという具合。 当然のことながら、なにもないまま、新学期へという具合です。 先日 久しぶりに散髪行きました。そこのBGMは、 なぜか70年代歌謡曲が中心なのですが、けっこう 当時のアイドルは、悶々と夏の日々を送る ティーンエイジャーに向けて、刺激的な内容の楽曲を 送っていたりしています。当時は、あまり感じませんでしたが、 なかなか味わい深い、歌詞とメロディ・・・。 70年代アイドル歌謡で、そんな香りの作品をのせてみました。 健康的というよりは、不健康さを感じさせる楽曲で、 思いつくまま5曲。 こうしてみると 70年代ディスコサウンドの影響っていうのが、 色濃くある楽曲もあります。
前年の「ひと夏の経験」からの流れが良い ! 1975年 山口百恵 夏ひらく青春  作詞: 千家和也、作曲: 都倉俊一 1977年 岩崎宏美 熱帯魚 ここらは、けっこう健康的だな~ 
1977年 桜田淳子 気まぐれヴィーナス 作詞:阿久悠 作曲:森田公一 70年代アイドル歌謡は、けっこう背伸びした内容でした、80年代の アイドル歌謡は、内容は自然体になっていくような気がします。 では今回はこのへんで ではまたです。