四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

能代松陽コールド・秋商連続完封・本荘延長サヨナラ

 

 

7月15日は3連休の最終日、秋田県大会もシード校が登場しました。

7月15日の試合結果はこちらをクリック

 

今回は3試合ピックアップしてみてみました。

先ずは第一シードの能代松陽の初戦からです。

 

7月15日 こまちスタジアム 2回戦 

能代松陽 7‐0 秋田高専(7回コールド)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計

能代松陽 3 1 3 0 0 0 0 7

秋田高専 0 0 0 0 0 0 0 0

【投手】 能代松陽:伊藤→斉藤

秋田高専:小枝→小林 

 

 

 

画像を入手しましたのでアップしました。

 

試合経過は、こまちスタジアムの試合でしたので、

AABさんのネットでみました。

高専の立ち上がりの守備の乱れなどあり、序盤で勝敗が決まりました。

守備は、能代松陽は安定している印象を持ちましたし、打線の主軸も

けっこうふれています。投手陣が不安なだけに、守備と打線と勝負強さで

上位を目指してほしいところです。

 

続きまして、やはりこまちスタジアムの2試合め

前年優勝校の秋田商業の2戦目です。これもネットでみました。

 

7月15日 こまちスタジアム 2回戦 

秋田商 3‐0 十和田

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計

十和田 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

秋田商 0 0 3 0 0 0 0 0 X 3

【投手】 十和田:阿部隼

秋田商:佐々木 【本塁打】  秋田商:佐藤

 

ノーシードの秋田商業ですが、前回の西目戦に続いて

2試合続けての完封ゲーム。アンダースローの2年生エースが

安定しています。守備も固いです。

ピッチャーの調子がベストであれば、県内レベルの打線では

連打は難しいと思いました。

 

さて、今回の3試合目は、第二シード・優勝候補の本荘高校の

初戦です。

 

7月15日 八橋球場 2回戦 

本荘 2‐1 大農太田(延長10回)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計

大農太田 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1

本荘 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1x 2

【投手】 大農太田:岸本

本荘:佐々木亮→兼松

 

これは、夏の大会の初戦の入りかたの難しさが出た試合です。

優勝を意識しているチームにありがちな、初戦ですが、

2戦目以降 本来の力が出でくるのではと思いました。

 

これにて、7月17日水曜日は、早くも昨夏の決勝戦の組合せ・

能代松陽VS秋田商業の対戦が、 

こまちスタジアムブロックではありながら、

本大会の前半戦の山になるような対戦です。

 

雨の延期による急遽

日程と会場の変更・・・・・、

それに伴いテレビの中継も現在予定にありません。

7月17日の開催は、各チームにとってどんな影響をもたらすか、

このあたりも注目してみたいです。 では今回はこのへんで。