四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2013高校野球秋田大会~1回戦 エース温存と満塁策

  雨で延期の秋田県大会も、

7月13日1回戦の対戦からスタート

先ずは、結果はこちらから   

 

今回注目したのは、激戦区こまちスタジアムでの1回戦の2試合、 AABさんのブロードバンド配信もありましたので、PC観戦しました。

大館工業 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2
秋田高専 0 0 4 0 0 0 0 0 X 4

秋の東北大会出場の大館工業、当然初優勝も狙える位置です。 絶対エースの存在は、次戦での能代松陽打線の脅威でもあります。 なぜか、大館工業のエースは先発せず、 先制点~3点目とられてからの登板。結果としてこのインニングで 勝敗が決まってしまった一戦となりました。

夏の予選は、1回戦~決勝まで、1度敗れれば、オワリです。 エース登板で敗戦するのであれば、 納得するのでしょうが、これはちょっと選手には気の毒かな。 大館工業のベンチは、いったいどんなゲームプランで臨んでいたか ? 秋田高専の地区大会の戦績をみれば、 失点が少なく けして侮れない チーム力というのはが分かります。

だからこそ、 継投からエース後半での逃げ切りを狙ったのでしょうか。 最初から格下と考えていたならば、残念です。 この敗戦パターン  初戦ではありませんが、けっこう昔からあります。

春の東北大会準優勝で第一シードで臨んだ、 平成元年の能代高校、 現ロッテの木村投手がエースの秋田経法大附も、 そうだったような ? 先を見据えるのも必要ですが、 先ずは目の前の一戦・一球ですかね。 次のカードは、1回戦屈指の組合せです。秋の県大会準優勝で 東北大会出場の西目高校と、昨年夏の秋田県代表校 秋田商業

西目 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
秋田商業 0 0 0 0 0 0 2 0 X 2

7回裏、秋田商の攻撃で、 エラーと四球から1塁・2塁のチャンス。 ワンアウトから迎えるクリーンアップに対して、 西目ベンチの選択は、 敬遠で満塁策。 結果タイムリーで1点、外野フライで1点 終盤の 2点が勝負を決めました。 高校野球での終盤の満塁策は、実力校であっても、 乗り切ることはけっこう難しい場面。 一気にダブルプレーなどは、 余程の球運がなければ難しいと思っています。 それでも、なぜかベンチはギリギリの場面で満塁策を 選択してしまいます。

古いハナシですが、満塁策で成功した シーンは、 あの日本シリーズ第7戦での「江夏の21球」しか 思い出せません。高校野球の予選レベルで選択できる策では ないでしょう。 ここらあたりのテーマは、去年の今頃のブログ記事でも 綴っておりました。 

クリック 今夏の秋田県のチームの試合を、初めて動画で見ました。 こまちスタジアム の2試合は、 夏の大会での 勝ち上がりの難しさを象徴するようなゲームでした。 ただ、打線といいますか、低調な印象を受けました。 一方で、やはり野球は投手力、絶対エースや継投策  ベンチの選択は 今大会特に注目していきたいです。 7月14日の能代球場は、 秋の県大会優勝、今大会はノーシードとなる 能代高校の初戦です。  相手は、湯沢翔北との試合、 春に結果を 出せなかった投手陣は、 地元ゲームで完封発進してほしいところです。 では 今回はこのへんで ではまたです。