四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

プロボクシング世界戦のこと~シャドー・ボクサー

内山高志WBAスーパーフェザー級三浦隆司WBCスーパーフェザー級

亀田興毅WBAバンタム級山中慎介WBCバンタム級

河野公平WBAスーパーフライ級) 佐藤洋太(WBCスーパーフライ級)

八重樫東WBCフライ級)

井岡一翔WBAライトフライ級

宮崎亮(WBAミニマム級高山勝成IBF世界ミニマム級

上は、現役の日本人の世界チャンピオンです。大昔にくらべると

公認が4団体かつ、クラスも多いですからチャンピオンの数も増えました。

今後は、統一チャンピオンや複数階級の王者も、日本でも増えるでしょう。

特に、一昨日と昨日とボクシングの世界タイトルマッチが続きました。

昨日はWBCのトリプル世界戦でした。

新チャンピオンに 三浦隆司選手 八重樫東選手 そして

山中慎介選手は3度目の防衛に成功 おめでとうございます。

一方で、八重樫東選手に、判定の末3-0で王者から陥落した五十嵐俊幸選手、

また、いつの日か世界戦への挑戦を期待しています。

三浦選手・五十嵐選手は秋田県出身、八重樫選手は岩手県です。

共に東北魂で今後も頑張ってほしいです。

ただ、どんな名チャンピオンであっても、いつかは敗れ、または体力の

限界から引退し、新しいチャンピオンにベルトが継承されます。

ひとつ言えることは、一度世界チャンピオンになった選手は、

敗れて、ベルトを失ったあとも、前チャンピオンも元チャンピオンも、

いつまでたっても人々の心の中ではチャンピオンのままなのです。

さて、ボクシング、ボクサーにつながる楽曲として思い出すのが

アリスのチャンピオンやサイモン&ガーファンクルのボクサーを

思い出しますが、 本日はこの楽曲で

原田真二さんの シャドー・ボクサー ← クリック

では 今回はこのへんで ではまたです。