四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

面倒で無礼な隣人について

政府は5日、東シナ海で先月30日午前10時ごろ、

中国海軍の艦船が海上自衛隊護衛艦

射撃管制用のレーダーを照射したと発表した (共同通信社より)

しかしまあ、中国の挑発行為っていうのも いかがなものか。

日本が攻撃できないことを知ってよくやりますよ。

まったく無礼な隣人を、日本はもったものです。

中国の軍事力の脅威は、物量・人員など

日本の自衛隊をはるかに凌駕している程なのでしょう。

あってはならないことですが、いざ有事となった場合の実力は

不透明。これは 長年にわたって核の抑止力で平和が維持されているだけに

実戦での軍事力は、湾岸戦争以来 だれも結果を知りません。

ただ最近の雑誌「SAPIO」にも書いていましたが、

中国海軍って、それよりも中国自体が 全く海戦の経験がない国なのです。

歴史上も直近の海戦は、日清戦争黄海海戦くらいでしょ。

中国も相手が日本だから、いきがっておりますが、

最初に引きがねを引く度胸はないでしょうね。

海戦の経験を歴史上見た場合、

日米は、珊瑚海海戦からレイテ沖海戦まで 歴史的にも実践済み

平成の「大和」と「赤城」があったなら、

少なくともこんなに なめられた行為はないでしょう。

さて安倍政権は、中国に対しての外交姿勢はどうするのでしょうか?

本日は、あまりの暴挙に対する怒りで、暴論となりました。

では またです。

ぶんご1

ぶんご2