四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

FMラジオはクリスマスソングですが 日本の12月は舟唄です

クルマのラジオは、朝からクリスマスソングばっかり。

正直 もういいかなって感じです。

まあ、この3連休が終われば、年末年始モードに世間も

入るわけでして・・・

仏教圏に入っているこの国に、キリスト教圏のクリスマス文化が

定着してから、どのくらい経つのでしょうか。

とりあえず、私が 物心ついた時には、既にありました。

もっともクリスマスケーキを頂くくらいのものですが。

主役はあくまで子どもたちです。

80年代後半から90年あたりのバブルのころでしょうか

プレゼントやパーティーや、なんやらで 大人の男女も

主役になったのは。 この頃はなんで、クリスマスイブに

なんちゃらホテルで、一夜を過ごすカップルが大勢いるのか?

よく分からない不思議な時代もありました。

今もこんな文化あるのでしょうかね。

日本でのクリスマス文化は、子どもたちの良い思い出のために

あってほしいと思っております。

このクリスマスの頃のテレビやラジオ、特にラジオ、特にFM

世界中が、幸せ一色で被われているような番組づくり。

クリスチャンじゃない方がほとんどという

日本のクリスマスは、商業主義一色ですな~。

12月の年末に明日をもしれない人々、仕事も家族にも

健康にも恵まれていない方も、大勢います。12月って

世間やメデイアが、幸せを前面に押し付けてくるようで、

光が強い分、影の部分も濃くなるのです。

12月の影の部分を表現しているシーンといえば、この作品。

1981年の映画『駅 STATION』の劇中で、

居酒屋で高倉健倍賞千恵子が見ている紅白で

八代亜紀が歌う舟唄、テレビを見いっている

このシーンは、絶品です。

そういうことから、今日の一曲は

このカテゴリーでは、初の演歌で舟唄