四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

21世紀枠の候補が決まりました☆選考方法ってどうなの?

センバツ 甲子園

時事通信 12月14日(金)16時5分配信より

日本高校野球連盟は14日、来春の第85回選抜大会

に出場する21世紀枠4校の候補校として、

いわき海星(福島)、門司学園(福岡)など9校を発表した。

益田翔陽島根県秋季大会の優勝校。

4校は来年1月25日の選考委員会で選ばれる。

 候補校は次の通り。

▽北海道 遠軽▽東北 いわき海星(福島)

▽関東・東京 日立一(茨城)

▽東海 豊川(愛知)▽北信越 五泉(新潟)

▽近畿 堀川(京都)

▽中国 益田翔陽(島根)

▽四国 土佐(高知)▽九州 門司学園(福岡)

久しぶりの高校野球のカテゴリーということで、

本日、21世紀枠の地区候補が出揃いました。

秋田県からの推薦の、大館工業の選出はありませんでした。

全国選抜大会での選考枠としての21世紀枠なのですが、

さすがに、県大会ベスト16クラス代表校は、どうなのかなと

思ってしまいます。 やはり選出するからには、県の優勝または

準優勝校をボーダーラインにでもしないと、

もはやスポーツの競技大会の意義がなくなってしまいます。

もっと突き詰めれば21世紀枠のような、

選考基準があいまいな選別方法は、なくして 純粋に

実力だけの選考の方がよろしいのでは ?

現在の甲子園全国大会の常連校だって、最初から強豪

というわけではなく、何度も甲子園の出場の壁に阻まれながら

苦難の末、初出場した学校も多いかと思います。

21世紀枠での選考は、いわゆる ゆとり教育的な甘さと

主催者側の自己満足でしかなく、学校やチームの為にも

なりません。 そんな気がします。

春の選抜 甲子園もいいけれど、やっぱり高校野球

夏の甲子園・選手権大会が本番なのです。

今回 21世紀枠の候補から漏れたチームも、選出されたチームも

夏の予選を勝ち上がっての出場が、もっとも値打ちあります。

では 本日はこのへんで ではまたです。

センバツ甲子園2