四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

12月16日は選挙に行きましょう!

急に決まった16日明日の衆院の解散と、それに伴う

12月16日の総選挙。

まずは、民主党政権がようやく終わり、とりあえずよかったです。

華々しいマニュフェストの中、スタートした政権も、結局なんの

成果もないまま、終了。

期待して投票した、有権者にとっては、詐欺にあったのと一緒。

派手だった事業仕訳とは、結局なんか効果あったのでしょうか ?

自民や民主よりも、注目すべきは 第三極の流れですか ?

どんな政権でもそうですが、この国を支配しているのは、

やはり官僚・国家公務員の連中なのです。

こいつらをコントロールできる政権でなければ、結局は

一緒だと思います。

まあ、わたしらのような無力な市民に出来ることと言えば、

12月16日に選挙に行くことくらいでしょうか。

わたし、けっこう選挙は行ってますよ。よほどのことが

ない限り行ってます。

こんな 一大事でも、おそらく投票率って 

そんなに上がらなのでしょうか ?

これだけのインターネットの時代なのだから、ネット投票って

いうのも今後必要だと思いますが、動きはなし。

通常の選挙会場って 市役所の職員が、休日出勤で運営してますが、

やつらの手当てって、スゴイ優遇されているそうです。

ただ座っている労働なのに ?

新しい政権に期待することは、個人的な希望としては

・官僚をコントロールできる ・公務員改革ができる

憲法改正するつもりがある ・景気対策や雇用対策打ち出せる。

・中国や朝鮮半島に遠慮なし、

ベースとしては、未来に希望が持てることかな ?

まあ、期日前投票もありますので、とりあえず日本人であるならば

選挙で一票を投じることは、この国の住人としての義務であるのです。

投票に行っても、議員が変わってもなにも変わらないかもしれません。

ただ、選挙権を放棄することは、もっと変わりませんよ。

クリスマスや忘年会は、毎年ありますが 、12月に選挙のある

レアな年、平成24年の年の瀬。

今年は、なにはともあれ、せめて選挙には行きましょうね 。

あっ それと 政治評論家の三宅さんがお亡くなりになりました。

この選挙の見通しと、結果の感想を、辛口で語ってほしかったです。

では本日はこのへんで ではまたです。