四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

明治神宮大会の仙台育英と春江工業のこと

本日は、11月12日の月曜日

めっきり高松市の街も晩秋らしく、色づいてきました。

さて、野球の明治神宮大会も、地味に開催されておりますが、

仙台育英が4強まで勝ち上がっております。

優勝してもおかしくない、ポジションにいるだけに、

昨年の光星学院に続き、2年連続東北代表が優勝するかも ?

そうなると、選抜の東北地区の枠は、通常枠2校・東北絆枠1校

神宮枠1校ということで、合計4校の枠になるわけです。

4枠となると、秋季東北大会の4強校がすんなり選出される

可能性があるわけですが、

21世紀枠での東北地区からの選出は困難となりそうです。

まあ神宮大会の結果がどうであっても、

秋田県からの21世紀枠含めた、選抜の出場は

どう考えても、難しいですね~。

明治神宮野球大会 11月13日(火)準決勝

高校

神宮 8:30 準決勝 仙台育英高 - 北照

神宮 11:00 〃  春江工高 - 関西高

そんな中での、北信越代表の春江工業高校 !

北信越大会初出場で、初優勝 しかも45年目にして。

さらに平成26年4月から合併の為、名前がかわります。

無名の県立高校の快進撃!

しかも今日は、全国区の浦和学院撃破 !

浦 和 学 院(関 東・埼玉) 320 100 000=6

春 江 工(北信越・福井) 052 000 10X=8

いったいこの無名校に何が起こったのか ?

ベールを脱ぎ、本格的に全国デビューする来春の選抜。

春江工業の戦いが楽しみではあります。

では 本日はこのへんで ではまたです。