四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

ふざけるな ! 韓国と中国

ブログの更新を休んでおりましたが、

あまりに、無礼なニュースがあり、綴りました。

近隣の両国になめられているのは、やはり

日本の国力や経済力の低下が原因のようにも

思われます。国際社会での地位も低下しているのですかね。

かつてのドイツの宰相ビスマルクも語ったように、

対等な交渉のテーブルにつく為には、同等の力がなければダメ。

同等の力っていうのは、きれいごとではない軍事力ってこと。

第二次大戦の敗戦以後、軍事力を放棄させられてしまった

日本は、もはや弱腰の外交戦略しかできないのか ?

強力な軍事力を持つ大国でも、戦争はいやに決まっています。

ただ、国家としての尊厳には必要不可欠なこと。

できれば、こんな無礼な韓国とは、

国交断絶しても いいと思ってます。同じく中国とも。

無礼な国とは、スポーツや文化交流も不要。

韓流のドラマなんて、私は全く興味がなく、見たいとも

思いません。韓流ドラマは、日本での放送は禁止、

サッカーの日韓戦も無期限禁止。

誤った歴史観を持つ 韓国や中国とは、今後も付き合う必要なし。

日本人は、おとなしすぎます。

韓国製品や中国製品は全部不買、韓国のタレントは日本での活動禁止、

プロスポーツ選手も母国に帰ってもらいます。同じく 韓国の企業も 。

このくらい無礼なことをしていると思います。

また、このくらい徹底しないと、事の重大さは理解しないでしょう。

日本は、韓国・中国と対等の交渉のテーブルにつく為に、

核武装・18歳以上からの兵役と徴兵制、防衛費の拡大に努めないと

中国や朝鮮半島からの対応は、この先もこうですよ。

戦争するのではなく、対等な外交をする為の手段として、

日本にも覚悟は必要と思います。

もはや、国家の存亡にかかわるほど、近隣になめられている。

近代史における日本の存在がなければ、アジアはいまだに

欧米列強の植民地のままである過去の歴史を、彼らは

いっさい見つめようとはしていない。

では、今回はこのへんで。