四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

本日の2回戦 シード校も登場 ~夏の高校野球 秋田大会

さて本日は3連休明けの火曜日。高松市四国地方も梅雨明けです。

おかげで、本日の気温は33.4度 暑かったです。

 

 

連日綴っております、秋田県夏の高校野球も昨日までの

雨から、ようやく再開。このあとの週間予報は、

雨の予報は少なかったので、

おそらくもう順延は、ないでしょう。

そうなると決勝戦は7月24日の火曜日です。来週の

今日は代表校が決まっております。

 

今日からシード校・優勝候補も登場です。

ランニングスコアや内容を確認すると

絶対的なチームは、今年の秋田大会は見当たりません。

 

スコア上は、秋田商業大館鳳鳴の2校は

楽勝でしたが、まだまだ次の試合をみなければ

なんともいえません。

 

3年連続出場を目指す能代商業も、薄氷を踏む勝利でした。

故障から復帰の穴山選手の、挨拶代わりのスリーランと

最終回の好返球がなければ、敗退していたゲーム。

起用の采配ズバリです。

 

秋田商業のエース近藤投手も、本日は先発。

今後どのくらい調子をあげてくるか ?

 

序盤の好カード 明桜VS秋田高校は、明桜高校の

勝ちとみておりましたが、結局は下記の結果でした。

やはり左腕砂田の先発でしょ ?

継投のベンチの判断が今一歩。

 

 

地元能代商業の登場で平日の2回戦でも満員!

能代球場バックネット裏の本日の写真を入手

 

 

では本日試合があった一部の結果とランニングスコア

 

などを 各サイトから まとめてみました。

 

では本日はこのへんで ではまたです。

 

7月17日 能代球場 2回戦 能代商 4‐3 大曲農

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計

大曲農 0 0 0 2 0 0 0 0 1 -3

能代商 3 0 1 0 0 0 0 0 X -4

 

大曲農:高橋→伊藤

能代商:畠山 【本塁打能代商:穴山

 

4番に入った背番号20の2年生穴山が

1回ウラ、ランナー2人を置いて、

レフトポール際に叩き込むスリーラン。

 

能代商業が3点を先制する。4-2で迎えた最終回、

大曲農業の攻撃、二死三塁二塁、一打同点の場面

バッターは7番伊藤大輝。

伊藤がレフト前へ運ぶと三塁ランナー生還、

続いて二塁ランナーもホームを突くが、タッチアウト。

 

7月17日 グリーンスタジアムよこて 2回戦 秋田 8‐3 明桜

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計

秋田 0 0 3 0 1 4 0 0 0 -8

明桜 0 0 2 0 0 0 0 0 1 - 3

 

秋田:白川→神居

明桜:佐藤雄→砂田→伊藤→船木悠

 

秋田対明桜戦は、秋田が3回に先制する。

この回先頭が二塁打で出塁、

押し出しの死球やバッテリー間ミス、

犠牲フライなどで3点をあげる。

そのウラの明桜、3四死球で満塁とすると、

秋田にもバッテリー間ミスが出て1点、

7番にタイムリーが出て

この回2点、3対2と食い下がる。

しかし接戦はここまで。

 

春の中央地区大会を制した明桜だが、

この試合は10残塁

 

 

7月17日 こまちスタジアム 2回戦大館鳳鳴 7‐0 能代西(7回コールド)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計

能代西 0 0 0 0 0 0 0 0

大館鳳鳴 3 0 0 1 0 1 2x 7

 

能代西:笠井→岩谷→笠井

大館鳳鳴:野呂→湯沢

 

 

7月17日 八橋球場 2回戦 秋田商 6‐1 仁賀保

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計

仁賀保 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

秋田商 0 1 0 3 0 1 0 1 X 6

 

仁賀保:佐藤雅

秋田商:近藤→阿部