四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

草食系狩猟民族となっています~村上龍小説を読んで

四国新聞で連載している村上龍さんの

「55歳からのハローライフ」を読んでいます。

最近のテーマーは「老いらくの恋」

今回はトラックドライバーのハナシですが、サブタイトルが切ない!

村上さんの作品には、いつも、時代が写っていて 好きです。

55歳からのそれぞれの再出発を描いておりますが、

今の絶望的な日本の現状が垣間見える中での個々の暮らし。

過去読んだ作品を思い出すと、村上さんの作品の男は

基本「自立している人」を描いていました。

自立しているということは、自己の力と能力のみで

切り拓いていくこと。当然「肉食系」です。

先ずは会社員・公務員のような組織に依存している男はダメ

コツコツ努力している農耕民族型の男はもっとダメ

わたしを含めた、当時の日本人の大部分はこの型です。

過去の視線ではプロスポーツ選手・ミュージシャン・芸術家

~裏社会で生きる方まで、才能や、生死をかけた仕事をしている

男を良しとしていたような、村上さんの言葉では「狩猟民族型」の男性。

日本人の男性=農耕民族型 欧州人=狩猟民族型 ゆえに

日本人 << 欧州人  バブル期の作品ではこんな構図でした。

バブル崩壊から20年、平成24年の日本の中で

組織に依存できる日本人は、公務員と一部の民間大企業の社員のみ!

残りは、明日をも知れない 多くの人々。

いつのまにか「狩猟民族」と化してしまいました。

ただし、才能・能力もなく資産も無しか、目減りですから

いわば 草食系狩猟民族ですが・・・

今の現状を村上さんの眼には、どう映る ?

そんなことも、この作品から感じられればいいです。

今後の展開が興味深いです。

では 今回はこのへんで、 ではまたです。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村