四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

光星学院ベスト4進出~お隣さんのよしみで

本日のセンバツ 準々決勝2試合は

下記の結果でした。

第3試合

第1試合

愛工大名電 . 000 101 000=2 (名電)濱田ー中村

光 星 学 院. 100 000 13X=5 (光星)城間、金沢ー田村

第2試合

関_東_一 . 000 200 002=4 (関一)中村ー松谷

横___浜 . 000 010 100=2 (横浜)柳、相馬ー尾関

両試合共に微妙な判定がありました。

審判のジャッジは絶対ですが、ビデオ判定などの導入も

大きな大会では、必要なのかもしれません。結果として

センバツの4強は 大阪桐蔭VS健大高崎 

光星学院VS関東一高となりました。

優勝旗はいったいどこのチームに?

青森県光星学院は強いですね 昨年夏準V・明治神宮大会優勝・

そしてセンバツ4強と

私のよく知っている東北チームでは、ありえない強さ!

それもそのはず、光星学院レギュラーで青森県はゼロ、

東北の岩手と宮城であわせて2名、

他はほとんどが東北以外の関西出身!

まあ学校の所在は青森県なので、東北代表ではあります。

かつての青森代表は確かに弱かった。

それでも東北出身の私は応援してました。

古くは準Vの三沢高校、そして弘前実業・弘前工 

八戸工大一から完全試合負け寸前の木造高校まで・・・

強い光星学院の試合よりも、生粋の津軽人で強豪愛媛代表に勝利し

そして2回戦で、池田高校に挑んだ弘前実業チームの方が好き!

1991年(平3年)第73回大会 夏の大会1回戦

弘前実 0 3 0 0 1 0 0 0 2 - 6

川之江 0 0 2 0 0 0 0 0 0 - 2

1991年(平3年)第73回大会 夏の大会2回戦

池田  1 0 2 5 0 1 3 0 1 -13

弘前実 0 0 0 0 1 0 3 0 0 - 4

近年はずーっと光星と山田の2強。しかも地元出身の選手は少ない。

越境入学は、昔からあるし、私学だし、進学先の自由もあるし

なにも問題はないわけですが、地元出身の選手が いないチームは

東北出身ではありますが、応援する気にはなりませんね。

私の心が狭いのでしょうかね~。

ならば、仮に ありえない話ですが、野球熱の最も高い大阪の代表

の高校チームのレギュラーが、全て東北出身と東京出身者であるとします。

しかも十何年もの間ずーっとですよ。その土地の高校野球ファンは

許せないでしょう、こんなこと。

サッカーの日本代表ナショナルチームのほとんどが帰化した

ブラジル人や欧州人だったら? それって日本代表ですか・・・

マチュアの高校生のクラブ活動の大会ではありますが、

野球という人気スポーツであるだけに、野球留学問題は、よく

問題になりますね~。これがマイナーなスポーツであれば

別ですが、第一 マイナースポーツであればこんな極端な

越境入学自体が、ほぼありません。

野球の場合は、アマチュア高校野球プロ野球メジャーリーグ

と、大きなお金が動くビジネスの側面もあります。

それに加えて、最近の少子高齢化による私学経営の厳しさ。

野球留学には、そのへんの大人の事情が見え隠れしています。

おそらく高野連も灰色の部分は、十分知っているハズですが、

この核心の部分については、お茶を濁したままの状態です。

このままの状態が続くのであれば、生粋の青森県内の球児は

甲子園への道は閉ざされたままなのでは・・・

受け入れ先の私学が少ない秋田県は、野球留学の波から取り残され

昨年の白星まで、夏の大会13連敗・・・ 昨夏に久々2勝 !

そっちの方がお隣の青森県の夏準Vより、みんなが感動します。

大優勝旗は、この先何十年かかっても 

生粋の東北人の手で持って帰ってきてほしいと思っております。

今日は暴論・極論でしょうか ?

昨年8月の青森県地元紙 東奥日報からこんなコラムが!

前文省略~

「外野席から言わせてもらえば、勝ち負けは時の運、

こだわることはない。

秋田の小中学生の学力は全国トップじゃないか。

そっちの方がうらやましい。

幸いにして本県代表光星学院にプレッシャーはない。

いつもの伸び伸び野球に熱い声援を送ろう。

お隣さんのよしみで能代商業にも」

この上から目線は、スゴイですね~、問題の焦点が外れてます。

では 今日はこのへんで 明日は新年度のお仕事のスタートです !

ではまたです。

               

この本読むと現状の高校野球の 問題点が、さらにわかります

高校野球裏ビジネス

 

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村