四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

寝台特急日本海の廃止

本日は2011年12月17日土曜日です。本日はお休みなので、ネットのサイトをみていたところ表題のニュースがありました。

寝台特急「日本海」は 大阪と青森を約15時間、秋田までは約12時間を要するブルートレインです。私が初めて乗った寝台車も、この寝台特急「日本海」が最初です。私の高校の修学旅行は、京都・奈良方面の関西圏への旅でしたので往路は特急「白鳥」復路はこの「日本海」でした。

高校当時は、県外への旅はほとんどなかったので京都や大阪ももちろんそうですが、今まで地図上でしか知らない、敦賀・福井・金沢・富山などの初めて見る北陸の街を通過するのは、とても新鮮でした。

その後に利用したのは たった一度だけ秋田から大阪出張する機会があり、帰りに利用しました。

夕方6時近くに大阪駅を出発するのですが、一番端の長距離列車の10番ホームから見える他のホームは、夕方のラッシュ時で混雑しているのに、「日本海」の車内だけはのんびりした別の時間が流れていました。

今回のダイヤ改正で大阪-新潟間の寝台急行「きたぐに」も廃止とのことで、大阪発着のブルートレインはなくなるそうです。ブルートレインの廃止のニュースを聞くたびに、昭和の時代がまたひとつ遠くなった気分になります。

50年近くにわたりその時代の人々の喜びと悲しみ、成功や失意を乗せて走ったブルートレイン先ずはお疲れ様でした。