四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

浜田省吾コンサートツアー2011

昨日は、浜田省吾コンサートツアー2011 大阪城ホールへ行ってきました。今回のツアーは、4月神戸 6月大阪 10月大阪と合計3回の参加となりました。

どこの会場でもそうですが、客層は40代~50代のわたしと同世代がほとんどです。この年代で長時間のスタンディングはきついです。今日が休日でよかったです。

浜田省吾さんのソロデビューは1976年 わたしが中3の時。当時は全く知らず、初めて曲を聴いたのは、1979年の昨日も演奏した「風を感じて」から。ただ、その時もCFソングからのヒットの為、本格的にアルバムを聴くまではいたっておりません。

本格的に聴くようになったのは、大学1年の時、当時の同級生からテープを借りたのがきっかけ。なおかつ、同じ大学の出身であることも知りました。たぶん「 HOMEBOUND 」が最初のアルバムかな?その年発売の「愛の世代の前に」もよく聴いてました。それと過去発売のアルバムについても当時全盛の貸しレコード屋さんから借りて聴いてました。

デビューアルバム「生まれたところを遠くはなれて」は、当時のわたしの心境とマッチしていて特に好きでした。浜田さんの歌う歌詞やメロディは、当時見ていた風景ともマッチしていました。当時の曲を聴くと今でも、80年代前半当時を思い出します。

最初に浜田さんのコンサートに行ったのは、1982年の神奈川県民ホール ON THE ROAD のタイトルツアーの最初の年です。当時はそんな意識はまったくなし。今とは違って、最初からのスタンディングはなしですが、最後は3階席までオールスタンディング。愛の世代の前からの曲が中心だったと思いますが、アンコールは Hight School R&Rかな、熱いステージでした。

その後コンサートへの参加は1991年のNHKホールへ行ったきり、2005年のアリーナツアーで宮城グランディへ行くまでずっと御無沙汰してました。理由のひとつは、前職は休みが不定期でコンサートに行けなかったこと、後は音楽自体を聴かなくなったことかな。

そんな折に久々行ったのが2005年のツアーから。それからは、予算と日程あえば行くようになりました。浜田さんも、もう58歳。昨日もパワフルなステージでした。いつまでもロックンロールしていただきたい気持ちもありますが、バラードも渋みがあり聴きごたえあります。1年でも長く、1回でも数多くのステージ・ツアーを続けてほしいと願う次第であります。

ところで、コンサートツアーは、今月のさいたまスーパーアリーナでスケジュールは完了。宮城グランディは延期のままで今後については未発表。東北でのコンサートは、是非実現してほしいです。音楽は時に楽しく、そして時に勇気づけられるもの。東北の、そして被災地での浜田省吾ファンは、浜田さんの歌をパワフルな演奏を誰よりも待ち望んでいるはず。

1日も早い ハロー東北シティー/仙台・宮城・岩手・福島シティー実現してほしいです。